2009年7月24日金曜日

ユダヤ世界、スポーツで一つに


去る7月13日、イスラエルで通称“ユダヤ人のオリンピック”として知られるマカビー・スポーツ大会が開催されました。2週間に及ぶこの大会は27日まであと数日続きます。第18回目となる今大会の参加者数は、世界51カ国から集まったユダヤ人選手たちと国内のイスラエル人選手たちを合わせた7千人。ただ今、世界に離散するユダヤ人達は、スポーツを通して、“ハアレツ(イスラエルの地)”で一つになってます!


「これって凄いぜ。みんなユダヤ人なんだ。」驚嘆したのは開会式(場所:ラマットガン・スタジアム)に出たロンドンから来た卓球選手イアン・マブリンさん(Ian Mablin)。


4年に一度開催されるこのマカビー大会。その第一回大会は、イスラエル建国前の1932年にまで遡ります。事の起こりは当時15才だったロシア青年ヨセフ・イェクティエリ氏(写真:Yosef Yekutieli)が1912年にストックホルムで開催されたオリンピックを見て感動し、あのようなスポーツ大会をユダヤ人同士で持ちたい、と夢を描いたところから始ります。イェクティエリ氏その後、約10年をかけて夢の実現へ向けて構想を練、ユダヤ国民基金(JNF)の資金援助を受けて、初のユダヤ人のスポーツイベントの企画に乗り出します。そしてユダヤ人スポーツ大会の第一回開催年は、彼の願いで、バルコクバの乱(132〜135年:ローマ帝国によるユダヤ人蔑視や迫害に対する抵抗運動)からちょうど1800年経つ1932年に定まりました。



写真左は今大会の大会ロゴ。ダビデの星をモチーフにしたロゴに象徴されているのは、ある競技で格闘するふたりの男たち。青はイスラエルを象徴する色。オレンジは命の躍動感を表現した色です。


さて、多くの選手たちは、世界中から若きユダヤ人達が、それもスポーツ選によって結集したことに驚きを隠せません。サッカー選手アーネスト・ストルルさん、33才はドイツのオフェンバッフ市にある500人程のユダヤ人が住む小さなユダヤ人地区から参加しました。今大会のハイライトはとのインタビューに「この地(イスラエル)でプレーすること」と応えた彼は、開会式では鳥肌がたったと言います。彼がそこで目にしたのは、各国のユニフォームを身にまとう、世界からやって来た数千人の同胞たちです。「これは信じられなほど美しい経験だぜ。だって方々の国々から来た、これだけ多くのユダヤ人達と会えるんだからな。」と彼は目をまるくします。


オーストラリア国シドニー市から来た、スカッシュ選手のアービン・ゴードンさん、58才は「このマカビアー大会は、それぞれの居住国を代表しながら世界のユダヤ人たちがスポーツで一つになれる大会さ。そして世界のユダヤ人地区に衛生放送されるんだ。」と自慢げに語ります。「しかし社会的にはありとあらゆる背景を持つユダヤ人達が大会には来る。それでも(大会期間中)シナゴーグに行けば、彼等だって同じ言語(ユダヤ民族の言葉)で祈りを神に捧げるんだからたいしたもんだぜ。」と彼は共通性を説きます。


開会式ではエチオピア系ユダヤ人の女性歌手が国歌「ハティクバ」で“ユダヤ人魂”を歌い上げました動画。国民的スター、シリー・マイモンは「ハイ(イスラエルの民は活きている)」というメッセージ・ソングを歌いました動画光と影のプレゼンテーションでは、イスラエル国誕生の歴史を描きました動画。「これは私達のストーリー。あなた達のストーリー。ここは何もない砂漠から始まった。われわれは木々も建物も希望もないところから出発した。しかし夢を描いた。その夢が現実を生んだ。今、われわれの土地に、われわれはこうして存在している。」というのが演出のストーリーライン。式の終盤ではイスラエル首相のネタニヤフ氏が開会演説をし、次のメッセージを送りました。「この国は、あなた達一人ひとりのものだ。あなた達のホーム(心の故郷)はここにある。競技の後は、アリヤーしなさい。我々は皆、あなた達を待っているからね。」このスポーツイベントには、このように全体に一貫した一つのメッセージが流れており、多くの感動を世界のユダヤ人たちに与えています。


“スポーツが得意”とは決していえないユダヤ人。それでもスポーツで競技し、勝っても負けてもユダヤ人であることを誇りとして、試合後は称え合う。こういう選手たちの姿はこの大会ならではのスポーツマンシップかもしれません。ちなみに格闘技の好きなユダヤ人は、今大会にテコンドー、空手、柔道などを取り入れています。その他、フットサルクリケット、ゴルフなどオリンピックにない種目もあります。更には、あきらかにスポーツではないチェスも大会種目に入っています。チェスは「頭のスポーツ」ということですかね。


祈り)スポーツで多いに汗を流し、ユダヤ魂を見せつけてほしいものです。ヘブル語の「ハイ」という言葉には、生きる、存在する、命を持つ、永続する、生き延びる、命を生み出す、よみがえる、成長する等の意味があります。開会式を見ながら、この「ハイ」というメッセージを今の日本人に届けたくなりました。「死」を見つめる者に、この「ハイ」のメッセージが届きますように。


聖書の言葉:「わたし(神)は、だれが死ぬのも喜ばない。だから(わたしに)立ち返って生きよ。」(エゼキエル書18章32節)


参考)7月14日付:ハアレツ紙[記事:18th Maccabiah opener / 'It's amazing, everyone's Jewish']—ウィキピディア[マカビアー・スポーツ大会—マカビアー・スポーツ大会・オフィシャル・ウェブサイト


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ
にほんブログ村

3 コメント:

momojp さんのコメント...

マカビー大会のことは、テルアビブ100周年記念サイトの中で催し物の一環として記載されていましたけど、そんな凄い大会だったんなんてSunny Kさんのプログで知りました。

あああ、だから先日ベングリオンにスポーツ系の団体様がいたのはそれだと思います。彼らはユースの年代だったと思いますけど、私はてっきりサマーキャンプのようなもので来ているのだと思っていました。

sunny+K さんのコメント...

数日前、メキシコの青年たちがエルサレムを観光していました。良く見たらマカビーの選手達でした。普通に見てメキシコ人って顔でしたが彼等もユダヤ人なんでしょうね。大会はもうすぐ終了し、もし彼等と再会できれば4年後ってとこですかね。

sunny+K さんのコメント...

To Rika-san

The following comment is received today:

"Hello! this is my first time to make a comment for your blog.But really enjoying checking every Shabbat.Im staying in the hotel in Tel Aviv now. And some of the customer are here for tha Maccabiah.its so interesting. Your blog is just amazing! I absolutely love it! If you feel like meeting ,or greeting me,it would be wonderful trip to me! "

Your request is charming and I appreciate your comment very much. However, such a meeting may be too spontaneous. Enjoy Israel while being here!


               黄金ドームをクリックすると「エルサレムの写真集ブログ」へ移るよ!