2009年7月18日土曜日

ラビの結婚論ってつまるところはセックスの勧め?

今日取り上げるのは、デビッド・バツゥリ氏( Rabbi David Batzri:写真:ハアレツ紙)というカバラー系の超正統派ラビ(ユダヤ教教師)で、ナハル・シャローム・イェシバ(宗教学校)の校長でもある人物。そして彼の結婚論です。彼はへレディ(超正統派)コミュニティーの“名物先生”で、彼の勧めで結婚したカップルは大勢いるということです。

去る7月9日(木)、エルサレムの嘆きの壁におよそ千人の未婚の女性が集合しました。「生めよ。増えよ。地に満ちよ。(聖書の言葉)」と言われた神は、彼女たちには大切な“結婚の神様”。その神様に「尊敬できるパートナーを与えて下さい」と祈る集会を、この名物先生が独自の結婚論で導いたのでした。嘆きの壁での祈祷後、これら10代後半〜20代の女性達は名物先生の語る言葉に傾聴しました。その内容は地元のラジオ番組や新聞で紹介されました。以下がその名物先生の結婚論です!


♥長い独身生活に終止符を打ちたいなら、または不妊の女になりたくないなら、すぐに結婚しなさい。避妊具の使用は一切止め、とにかく12人を生むよう努め、子づくりに励みなさい。
♥女たちよ、妊娠を遅らしてはならない。既婚の婦人達よ、子づくりに関してお互いに励まし合いなさい。
♥避妊は、家計収入に影響を与えるということを知りなさい。子を宿すことを人口的に止める者は天来の祝福が止まり、収入も減ります。(つまり子沢山の家庭に対しては減税や国からの援助金があるのだから、恩恵を受けなさい。もしくは恩恵を受けるために子づくりに励みなさい。)
♥子供が3才になっても次の子供を身ごもれない、そういう女は避妊している。その者には「避妊具をつかうな」と教えてあげなさい。
♥子供をおろしてはならない。堕胎を勧める医者の説明を聞いてはならない。私の言う通りに堕胎を断念する母は、その生まれてくる子供が健やかで、義なる子供に育つと知るがよい。
♥40の齢を過ぎても「子づくり」に励みなさい。高齢者の子づくりを危険だと思ってはいけない。
♥結婚できない女は、両親を敬うことに多少問題があった者だ。おそらく父親へより、母親へ敬意を払えなかった者だ。

こういう結婚の勧めはいかがなものですか? 日本のような少子化、高齢化社会にとっては、名物先生のような存在が必要だと思いますか? ここイスラエルでは、名物先生のメッセージは、ウーマンリブを叫ぶ世俗派の女性たちの反発をかっています。ちなみに、イスラエルの一世帯あたりの子供数は3人に対し、へレディーの平均は一世帯6〜7人です。国内の離婚率は3割。この比率に関しては宗教派も世俗派もほぼ同等の様です。育児環境は宗教地区の方が乏しい上に、子沢山のためか、超正統派の親たちの幼児虐待や家庭内暴力が最近メディアに取り上げられています。
参考)7月10日付、Ynet ニュース

祈り)男尊女卑が当たり前の正統派であれ、“女性が強い”世俗派であれ、夫婦が円満で、子供たちが(仮に兄弟が10人いても)満たされているなら、それにこしたことはありません。夫婦円満とイスラエル女性の祝福を祈ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ
にほんブログ村

3 コメント:

momojp さんのコメント...

こんにちわSunny Kさん。

なんだか以前読んだハマスの指導者マシャールの言葉を思い出しました「パレスチナ女性は「パレスチナ女性は年中無休のパレスチナ人生産マシーン」と言った(http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3531084,00.html)。日本でも同じような発言をした元厚生大臣がいましたけど。

考えるとハマスも宗教家ですよね。あとアメリカだって堕胎の法律が整ったのもつい最近の話で、熱心な宗教家がその件で人殺しまでしています。

話は多少極端になりましたけど本当に健康な肉体を持った男女でも精子と卵子の相性が悪く妊娠できないカップルも存在する。子供って本来本当に授かりものだって思います。

イスラエルは宗教家の過程でなくとも女性って妊娠に対して周りから凄く強制される傾向にある。これはすごいプレッシャーだと思う、女性は子供を産んでいくらという考えもまだまだある。極端な話日本よりそういう面では子供の産めない女性蔑視があると感じます。

しかし、ともあれ、このラビ先生のお言葉はアラフォーの私としては手厳しいです^^

日本で同じことをやったらバッシング来ますし、そうして宗教家がこのような活動をするとオカルト宗教団と思われてワイドショーのネタになるのでしょうね。

でも、反面セックスに対してイスラエルのようにもっとオープンに公の場で色々と会話ができる環境になってほしいと思う。

国内離婚率、もっと高いと思っていましたけどそうでもないのですね。

sunny+K さんのコメント...

様々な視点で思案して下さったのですね。嬉しいです。私もセックスを健全な形で、夫婦間、親子間または友人間で語れたらいいのにと、イスラエル人を見ていて思います。タブーをオープンに持っていくユダヤ人から学ぶところは結構ありますから。ちなみにアラフォーという言葉、今日知りました。何語かと考えてしまいました(笑)。

momojp さんのコメント...

SunnyKさんもしばらく日本からはなれているのでしょうね。私もアラフォーと言う言葉はある日本在住の日本人のBlogを持っている方の記事で知りました。アランド・フォーティー(笑)。

テルアビブは結婚適齢期の女性1人に対して男性が3人だと去年聞きました。テルアビブはたぶんゲイも多いと思います。そうして、30代、30代後半でも独身の方をけっこうみかけます。


               黄金ドームをクリックすると「エルサレムの写真集ブログ」へ移るよ!